カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

虎の巻詰め合わせ2本入

虎の巻/イメージ

虎模様のさっぱり甘酢漬/きゅうり、人参を白菜で巻き、菊で包み込む。更に昆布で〆て、甘酢にやさしく落とし込んで漬け上げました。

山形県は食用菊の生産量が全国1位。
菊の花びらを食べる習慣は、江戸時代から始まったとされ、
山形では、おひたしやごま和え、酢の物などとして
ごく普通に食されている食材です。
山形県人なら、子供の頃、
縁側に広げた新聞紙の上で、
その日収穫された菊の花びらを散らす手伝いをした、
という人も多いはず。

虎の巻は、そんな柔らかくて、華やかな黄色の食用菊花と、
みずみずしい白菜ときゅうり、にんじん、
それぞれのシャキシャキとした食感と香りを同時に楽しめる、
贅沢な高級酢の物のような甘酢漬です。

虎ファンに贈るのも良し・・・・虎を食うも良し・・・
贈り物としてもおすすめの商品です。


漬ける究極の手間も虎の巻/ひとつひとつ丁寧に手作業で巻いて、漬け込んでいます。

輪切りにしてお皿に盛りつけた時に、
美しく仕上がるようにと工夫した結果、
虎の巻の姿は、その名前のとおり、
巻物の形となりました。

独特な形のためか、お客様より
「どうやってつくってるの?」と尋ねられることも多くあるのですが…

虎の巻/製造風景
実は、一つ一つ、手作業で巻いてつくっています。

虎の巻/巻きすに黄菊をしきます
巻きすの上に、まずは菊の花をひいて、

虎の巻/白菜、にんじん、きゅうりを並べる
次に白菜、そしてにんじんときゅうりを並べたら、

虎の巻/巻きます
ふんわり、でもしっかりとまとまるように、
絶妙な力加減でゆっくりと巻きます。

虎の巻/甘酢に漬け込んでできあがり
両端を切りそろえた後、昆布で結び、
虎の巻の形になったものを甘酢にやさしく漬け込んで、
できあがります。


盛りつけのコツ/食べやすく、盛りつけが美しく決まるのは、2センチ幅。

虎の巻は、一本まるごとを販売しておりますので、
お客様のお好みで、いかように切ってお召し上がりいただいて構いません。

しかし、
どう切ったら良いのか迷ってしまう…というお客様に、
店主がお薦めする切り分け方は、

虎の巻/2センチ幅の輪切り
ずばり、2センチ幅の輪切りです!

……あれ?もしかして普通でしたか?
すみません。
でも、大事なのは、この「2センチ」という幅、なのです。
いろいろ試してみた結果、 2センチが盛りつけも美しく仕上がり、食べやすいようでした。

切り分けたら、あとはお好みのお皿に盛りつけてください。
例えば、こんな盛りつけはいかがでしょうか?

虎の巻/盛りつけ例1

輪切りしたものをさらに半分に切ると、
より食べやすい大きさになると思います。

虎の巻/盛りつけ例2

よろしかったら、ぜひお試しください。






お買い物

虎の巻詰め合わせ2本入

価格:

2,160円 (税込)

[ポイント還元 21ポイント〜]
購入数: セット
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

商品名
虎の巻
内容量
400g×2本
原材料名
白菜、胡瓜、人参、干し菊、昆布
漬け原材料[糖類(ぶどう糖果糖液糖、砂糖)、醸造酢、リンゴ酢、食塩、昆布エキス、発酵調味料、でん粉糖化物、しいたけエキス]、酒精、酸味料、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア)、環状オリゴ糖

注意※笹の葉は食べられません
原料原産地名
国産(白菜、胡瓜、人参、干し菊)
賞味期限
要冷蔵・製造日より30日

関連商品

購入数

《人気商品》 虎の巻(菊花と白菜の甘酢漬)400g

1,080円(税込)
きゅうり、人参、白菜を菊で巻き、昆布で〆て甘酢に漬け込んだ姿形は虎模様。漬ける究極の手間もまた虎の巻…。
購入数

《ミニサイズ新発売!》虎の巻“小虎”200g

648円(税込)
きゅうり、人参、白菜を菊で巻き、昆布で〆て甘酢に漬け込んだ人気商品「虎の巻」のミニサイズ商品。お試しやちょっとしたお土産におすすめです。
購入数 セット

虎の巻セット <壱の巻>

3,240円(税込)
明治から続く老舗漬物屋、丸八やたら漬の人気のお漬物を
セットにした贅沢な詰め合わせになります。
ほかほかご飯と合わせるとごはんがとまりません。
山形の味をお楽しみくださいませ。
購入数 セット

虎の巻セット <弐の巻>

4,320円(税込)
明治から続く老舗漬物屋、丸八やたら漬の人気のお漬物を
セットにした贅沢な詰め合わせになります。
ほかほかご飯と合わせるとごはんがとまりません。
山形の味をお楽しみくださいませ。